アパート経営で住宅ローンは使えるの?

住宅を建てる場合は、一般的に住宅ローンを組みます。しかし、住宅ローンは自分が住むための家の建築や改築のためと用途が定められています。それで、アパート経営ではアパートローンなどを契約して資金を調達することができます。

しかし、アパートローンは住宅ローンよりも金利が高いというデメリットがあります。それで、アパート経営で金利の低い住宅ローンを利用するために、「賃貸併用住宅」という選択肢があります。賃貸併用住宅とはその名前のとおり、賃貸アパートの一部に自分も住むということです。

自宅も確保できることに加えて、家賃収入も入ります。家賃収入をローンの返済にあてることもできるので、場合によってはローンの返済よりも家賃収入の方が多くなることもあります。ただし、賃貸併用住宅で住宅ローンを組む場合は、住居部分の面積が2分の1以上でなければなりません。それで、例えば1階にワンルームを4部屋作り、2階は自宅するといった方法をとる必要があります。

PR|https://yamatozaitaku.com/privacypolicy/|